"私が父の遺品整理をしていて、金製品がいくつか出てきたときに、実は最初に思ったのは「これどうにもできないだろうのに、どうしよう。」ということでした。売ることができる金といえば、ネックレスや指輪といった婦人ものでないといけないというイメージがあったからです。ですが、アクセサリーとしての価値が無いものでも、金そのものの価値としての査定が可能なようです。参考になる横浜の体験談をご紹介します。

金をバラで売った体験談

体験者Uさん<大事にしていたホワイトゴールドの台座のイヤリングがったのですが、先日落としてしまいました。残った方に合わせてジュエリーショップでもう一つを作り直してもらうという選択肢もあったのですが、それにはお金が足りません。となると、残った片方だけ持っていても仕方がないので、インターネットで調べて売ることにしました。片側だけのイヤリングなんてアクセサリーとしての価値は無いに等しいですが、イヤリングの台座の金のグラム数に応じて買取してもらうことができました。

体験者Mさん<横浜に住んでいます。自宅のものの整理しようと思い、買取業者に来てもらいました。最初売ろうと思っていたもの以外にもいろいろ買取してくれるというので、壊れた金ネックレスなども査定員の方に見せてみたら、金単体でも金の価値として査定が可能だとのことで、値段をつけてもらうことができました。たとえば、壊れているアクセサリーでも金が残っていれば、金バラの部分だけでも査定ができるそうなので、わからない場合は捨てる前に一度査定をおすすめします。