金買取について私が調べる中で、「地金」というキーワードをしばしば見かけました。そもそもこれはなんて読むのだろうか?というところからスタートして、買取における注目度や注意点についても調べてみました。

「地金」は「じがね」または「じきん」と読み、金(きん)を加工しやすいように固めてあるものなんですね。金の延べ棒と同じようなイメージでいても良いかもしれません。アクセサリーや金ぶちメガネになる前のものです。こういうものも金買取の対象になるようですよ。以下、参考になった神戸の体験談です。

地金のポイントについての体験談

体験者Gさん<最近、投資や貯蓄を金で行う人が増えていますよね。日本円も先行き不安、他の通過も、ギリシャのようにならないとも言い切れませんから、世界共通の価値のある金での資産運用が人気なんですね。私もそう思って地金で資産を保有していたのですが、ちょっとキャッシュに変える必要があったので、金買取業者に現金化してもらいました。

体験者Yさん<神戸の祖父に頼まれて、地金を売却しました。百貨店などでも売却できるようでしたが、最新相場をきちんと反映してくれる買取業者が良いかなと思い、インターネットで見つけた金買取業者に依頼しました。