金買取について調べている中で、金製品の買取には刻印が大切だということがわかってきました。刻印といっても、結婚指輪などの裏側に掘っているイニシャルや日付ではなく、「18k」などの刻印です。この刻印および「18k」などの意味について、よくわかる福岡の体験談を見つけました。

18kの意味を知って買取を依頼した人の体験談

体験者Kさん<金買取業者に、もうデザイン的にいらないアクセサリー類を買取してもらいました。自宅に査定に来てもらったので、テーブルで査定しているところを横で見せてもらっていたのですが、刻印の説明をいろいろしてくれました。「18k」と書いてあるのはやはりいわゆる「18金」というやつで、その金属の24分の18、すなわち75%が金でできている、純度が高めの金である証明になるようです。自分で若い頃にお手頃価格で買ったアクセサリーなどは10kなどがほとんどで、買取対象になりませんでしたが、18kの刻印があるものは壊れているものなどでも高額買取してもらえました。

体験者Aさん<金を売るなら、売りたいものの金の純度をよく知っておきましょう。18kなら金が75パーセント含まれています。22kや24kはもっと純度が高いです(24kで100%)。金の純度とグラム数がわかれば、その時点の金相場にあてはめて、その金の価値を自分で知ることができます。査定に出す前に自分で適正な価値を知っておけば、異様に安く売ってしまって損をすることがありません。